荻窪陵二(おぎくぼりょうじ)

2003年、神奈川県立湘南高校卒業
中学時代に生徒会長&応援団長、高校時代は校内イベントを仕切る
総務長を務めるなど、10代からリーダーシップを発揮した。
高校卒業後、1年間の浪人生活を経て大学受験するも、
志望の大学には受からず、実家の仕事を手伝うように。
しかし、
学校の先生になりたいという夢を思い出し、再び受験勉強を開始。
2005年、東京経済大学経営学部に入学。
マーケティングとケースメソッドを学ぶ。
大学時代にスピーチコンテストで優秀賞を獲得したり、
後輩に対してファシリテーションのセミナーを開催するなど、
パブリックスピーキング、プレゼン能力を培ってきた。
大学3年のときには、株式会社ワークスアプリケーションズの
「問題解決能力発掘インターンシップ」に参加、20日間勝ち残り、
入社資格を得た。
2010年、株式会社ワークスアプリケーションズに入社。
開発部門に配属されるも、仕事をしながら、
「本当は教育がしたかったのに、毎日パソコンに向かってプログラムを書いている」
ことに疑問を感じ、
また、2日間悩んでいたシステム開発を同僚が1時間で作成したことをキッカケに、
プログラムは自分の仕事ではないと確信して退職を決意。
「レールから外れなければ自分の生き方はできない」と、起業を決め、
PPC広告をメインにしたWebの集客サービスをはじめた。
2012年2月に株式会社リレーションシードを設立。
パンフレットを手に営業にまわるが、受注はまったく取れず。
資金がまわらなくなり、コンビニで深夜のアルバイトをすることに。
そんな状況の中、
2012年10月、インターネットをフル活用するマーケティングの手法を学ぶ。
「プロダクトローンチ」と呼ばれるプロモーションとの出会いによって、
「自分の問題を解決できるのはこれだ!」と直感。
この直後から自身のコンテンツのプロモーションを開始し、半年間で300万円以上
を売り上げた。
2013年3月から、「エキスパートユニバーシティ0期生」のプロモーションに
サポーターとして参加。約3億円の売上に貢献した。
2013年10月からは有名放送作家のコンテンツをプロデュース&プロモートし、
2か月で約4000万円を売り上げる。
また、2014年2月からは苫米地式コーチングの第一人者のプロモーションを担当。
3か月で約8000万円を売り上げた。
現在は、
「好きなことをビジネスにする」ことが認められる社会を目指し、
多くの方のチャンスを見いだし、持っているコンテンツをビジネスに変える支援活動として、
主にエキスパートのプロデュース、プロモートをおこなっている。
細かいことを気にしないおおらかな性格で、
問題解決能力、リーダーシップ、プレゼン、セールス、コーチングなどに定評がある。